鎌倉後期の国家権力と悪党 : 弘安の大隅・薪荘境界相論をめぐって (カマクラ コウキ ノ コッカ ケンリョク ト アクトウ : コウアン ノ オオスミ タキギノショウ キョウカイ ソウロン オ メグッテ)

この作品の情報

著作名ヨミ カマクラ コウキ ノ コッカ ケンリョク ト アクトウ : コウアン ノ オオスミ タキギノショウ キョウカイ ソウロン オ メグッテ
著作者名 海津 一朗

掲載されている本

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
悪党の中世 悪党研究会 編 岩田書院
1998.3
この作品が掲載されている本を検索
この作品を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この作品と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想