モムゼン『利益論』の意義 : 損害差額説の確立とその背景 (モムゼン 「リエキロン」 ノ イギ : ソンガイ サガクセツ ノ カクリツ ト ソノ ハイケイ)

この作品の情報

著作名ヨミ モムゼン 「リエキロン」 ノ イギ : ソンガイ サガクセツ ノ カクリツ ト ソノ ハイケイ
著作者名 北居 功

掲載されている本

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
法思想史の新たな水脈 : 私法の源流へ 竹下賢, 宇佐美誠 編 昭和堂
2013.11
この作品が掲載されている本を検索
この作品を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この作品と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想