阿部 次郎   (1883-1959)

Wikipedia「阿部次郎

「青空文庫」より

阿部 次郎(あべ じろう、1883年(明治16年)8月27日 - 1959年(昭和34年)10月20日)は、哲学者、美学者、作家。 仙台市名誉市民。 [生涯] 1883年、山形県飽海郡上郷町(後の松山町)(現・酒田市)大字山寺に生まれる。 父は教師。 8人兄弟の次男。 8人兄弟のうち、阿部余四男(動物学者、広島大教授)、竹岡勝也(日本史学者、九州帝大教授)、阿部六郎(ドイツ文学者、旧制成城高校・東京藝術大学教授)と、次郎を含む4人が大学の教師となる。 荘内中学(現山形県立鶴岡南高等学校)から山形中学(現山形県立山形東高等学校)へ転校。 校長の方針に反発し、ストライキを起こして退学。 その後上...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アベ ジロウ
人物別名 阿部次郎
生年 1883年
没年 1959年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三太郎の日記 : 合本 阿部次郎 著 角川グループパブリッシング
角川学芸
2008.11
ソクラテスの弁明 クリトン プラトン 著 ; 久保勉 訳プラトン 著 ; 久保勉 訳 岩波書店
2007.4
ソクラテスの辯明 クリトン プラトン 著 ; 久保勉, 阿部次郎 訳プラトン 著 ; 久保勉, 阿部次郎 訳 岩波書店
2006.12
根芹 阿部次郎 ほか著 角川書店
1982.1
生田長江・阿部次郎・倉田百三集 生田長江, 阿部次郎, 倉田百三著 講談社
1980.5
三太郎の日記 阿部次郎 著 ; 北住敏夫, 佐々木靖章 注解 角川書店
1979.5
世界教養選集 茅誠司, 中野好夫 監修 平凡社
1975.3
三太郎の日記 第一 ; 生活の発見 ; 若き人々のために ; 愛、愛よりも豊かなるもの 阿部次郎著 ; 林語堂[著] ; 阪本勝訳 ; R.L.スティヴンソン[著] ; 橋本福夫訳 ; J.シャルドンヌ[著] ; 窪田般彌訳 平凡社
1975.11
青春の記録 久山康 編 筑摩書房
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想