赤松 俊秀   (1907-1979)

赤松 俊秀(あかまつ としひで、1907年4月28日 - 1979年1月24日)は、北海道旭川市出身の日本史学者。 [経歴] 北海道鷹栖村(現旭川市)の真宗大谷派の寺院光岸寺に次男として生まれる。 三高を経て、京都帝国大学文学部史学科に進み、三浦周行・西田直二郎・中村直勝らに学ぶ。 1931年京都帝国大学文学部史学科卒。 京都府嘱託・主事として、府下の社寺宝物や史跡の調査に従事。 1949年京都府教育委員会文化財保護課の初代課長。 東寺百合文書のうち、東寺にて放置されたままであった文書群の存在を確認してその解読にあたり、その成果を「東寺百合文書」として発表する。 (後年に発表論稿を含めて『教...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アカマツ トシヒデ
人物別名 赤松俊秀
生年 1907年
没年 1979年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
親鸞伝の研究 赤松俊秀 著 法蔵館
2012.4
古代中世社会経済史研究 赤松俊秀 著 法蔵館
2012.4
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2007.7
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2007.3
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.1
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.3
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.6
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.9
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想