井上 清   (1913-2001)

井上 清 (いのうえ きよし、1913年12月19日 - 2001年11月23日)は日本の歴史学者。 京都大学名誉教授。 日本史専攻。 明治維新や軍国主義、尖閣諸島、元号、部落問題に関する著作がある。 [来歴] 高知県出身。 東京帝国大学文学部国史学科を出て、羽仁五郎の指導を受けた。 戦時中は文部省の維新史や帝室学士院史の編集に嘱託として携わる。 戦後は在野にあって、歴史学研究会などで講座派マルクス主義の立場からの日本近代史研究の第一人者として活躍、『天皇制の歴史』で天皇制を批判した。 戦後は貝塚茂樹の仲介で京都大学人文科学研究所に勤務。 1954年に助教授、1961年に教授、1977年に退...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ キヨシ
人物別名 井上清
生年 1913年
没年 2001年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「尖閣」列島 : 釣魚諸島の史的解明 井上清 著 第三書館
2012.11 (第2刷)
日本女性史叢書 上笙一郎, 山崎朋子 編纂 クレス
2008.12
女性史余話 ; 日本女性史 ; 女性の歩いたみち ; 日本女性史 隈崎渡著 ; 玉城肇著 ; 板垣直子著 ; 井上清著 クレス
2008.12
明治維新 井上清 著 中央公論新社
2006.4
日本の軍国主義 井上清 著 岩波書店
2004.1
天皇の戦争責任 井上清 著 岩波書店
2004.2
明治維新 井上清 著 岩波書店
2003.11
自由民権 井上清 著 岩波書店
2003.12
昭和天皇の戦争責任 井上清 著 明石書店
2003.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想