Mishan, E. J.   (1917-)

この人物の情報

人物別名 E. J. Mishan

ミシャン, E. J.

Mishan, Ezra J.

Mishan, Edward J.

Mishan, Edward J. (Edward Joshua)

Mishan, Edward Joshua
生年 1917年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「法と経済学」の原点 松浦好治 編訳 木鐸社
1994.6
経済学の神話性 E.J.ミシャン 著 ; 都留重人 ほか訳 ダイヤモンド社
1987.8
経済学21の俗説 : こんな"常識"がまかり通っている E.J.ミシャン 著 ; 伊達邦春, 山岡道男 訳 日本経済新聞社
1977.2
企業と社会の理論 R・マリス 編 ; 今井賢一 監訳 日本経済新聞社
1976
ゼロ成長の社会 K.E.ボールディング, E.J.ミシャン 他著 ; 林雄二郎 監訳 日本生産性
1974
経済成長の代価 E.J.ミシャン 著 ; 都留重人 監訳 岩波書店
1971
Cost-benefit analysis E.J. Mishan and Euston Quah Routledge
2021
Cost-benefit analysis E.J. Mishan and Euston Quah Routledge
2021
Elements of cost-benefit analysis E.J. Mishan Routledge
2015
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想