桑原 武夫   (1904-1988)

桑原 武夫(くわばら たけお、1904年5月10日 - 1988年4月10日)は、日本のフランス文学・文化の研究者。 文化勲章受章。 研究者を組織しての共同研究の先駆的指導者でもあった。 [来歴・人物] 福井県敦賀郡敦賀町蓬莱(のち敦賀市)の出身。 父は、京都帝国大学教授で東洋史専攻の、桑原隲蔵(じつぞう)。 敦賀は里帰り出産の地なので実質的には京都生まれだが、本人が敦賀に愛着を持ちこの経歴を称し続けた。 京都一中、三高を経て、1928年、京都帝国大学文学部卒業。 旧制大阪高校教授兼京都大学文学部講師を経て1943年、東北帝国大学法文学部助教授。 1948年、京都大学人文科学研究所教授、19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クワバラ タケオ
人物別名 桑原武夫
生年 1904年
没年 1988年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
吉田松陰を語る 奈良本辰也 他著 大和書房
2015.4
日本の名著 : 近代の思想 桑原武夫 編 中央公論新社
2012.10
西洋文学事典 桑原武夫 監修 ; 黒田憲治, 多田道太郎 編 筑摩書房
2012.4
ハイゼ, W.アーヴィング, スタンダール 著 ; 関泰祐, 吉田甲子太郎, 桑原武夫 訳 ポプラ社
2011.4
ちくま哲学の森 鶴見俊輔, 安野光雅, 森毅, 井上ひさし, 池内紀 編 筑摩書房
2011.10
赤と黒 スタンダール 作 ; 桑原武夫, 生島遼一 訳 岩波書店
2011.11
赤と黒 スタンダール 作 ; 桑原武夫, 生島遼一 訳 岩波書店
2011.11
ちくま文学の森 安野光雅, 森毅, 井上ひさし, 池内紀 編 筑摩書房
2010.9
学問の世界碩学に聞く 共同研究「大正時代」 小松左京 著小松左京 著 城西国際大学出版会
2010.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想