中田 薫   (1877-1967)

中田 薫(なかだ かおる、1877年3月1日 - 1967年11月21日)は、鹿児島県出身の法学者。 専門は日本法制史。 [人物] 第二高等学校をへて、1900年、東京帝国大学法科大学政治学科卒業。 同大学院に入学し、1902年から東京帝国大学法科大学助教授、ヨーロッパに留学し、1911年教授、1937年までつとめた。 1925年帝国学士院会員。 1946年に文化勲章、貴族院議員、1951年に文化功労者。 それまでの有職故実の流れを汲む法制研究に、外国との比較をする新しい方法を取り入れる。 『徳川時代の文学に見えたる私法』は広く読まれている。 門下に石井良助がいる。 古代史・中世史研究家の石...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカダ カオル
人物別名 中田薫
生年 1877年
没年 1967年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1994.2
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1994.2
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1994.2
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1994.2
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1994.2
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1987.10
徳川時代の文学に見えたる私法 中田薫 著 岩波書店
1984.3
日本法制史講義 中田薫 講述 ; 石井良助 校訂 創文社
1983.10
法制史論集 中田薫 著 岩波書店
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想