平塚 らいてう   (1886-1971)

平塚 らいてう(ひらつか らいちょう、本名:奥村 明(おくむら はる)、1886年(明治19年)2月10日 - 1971年(昭和46年)5月24日)は、日本の思想家、評論家、作家、フェミニスト、戦前と戦後に亘(わた)る女性解放運動家。 戦後は主に反戦・平和運動に参加した。 平塚は、特に、大正から昭和にかけ、婦人参政権等、女性の権利獲得に奔走した活動家の一人として知られる。 結局、その実現は、第二次世界大戦後、連合国軍の日本における占領政策実施機関GHQ主導による「日本の戦後改革」を待たざるを得なかった。 しかし、1911年(明治44年)9月、平塚25歳の時、雑誌「青鞜」発刊を祝い、自らが寄せた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラツカ ライチョウ
人物別名 平塚らいてう

平塚, 雷鳥

平塚, 明

平塚, 明子

Hiratsuka, Raicho

Hiratuka, Raityo
生年 1886年
没年 1971年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.6
君死にたまふことなかれ 栗原小巻朗読 キングレコード
2007.7
雲・草・人 平塚明 著 ゆまに書房
2005.3
金いろの自画像 : 平塚らいてうことばの花束 平塚らいてう 著 ; 米田佐代子 編 大月書店
2005.5
世界女性学基礎文献集成 水田珠枝 監修 ゆまに書房
2001.6
無限生成 : らいてう・博史 : 「平塚らいてうとその学友/らいてう・博史」展によせて - 日本女子大学成瀬記念館
1998ごあいさつ
現代の男女へ 平塚らいてう 著 大空社
1996.1
円窓より 平塚らいてう 著 大空社
1995.6
婦人と子供の権利 平塚らいてう 著 久山社
1995.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想