植村 正久   (1858-1925)

千葉生まれ(一説に東京生まれ)。明治大正期のキリスト教の指導者。牧師。父は旗本。明治4年(1871)以降横浜で英語を学ぶなかで宣教師の感化を受け、6年(1873)受洗。13年(1880)に東京下谷教会の牧師となる。20年(1887)番町一致教会(一番町教会、富士見町教会)を設立、生涯その牧師を務めた。その間13年(1880)小崎弘道らと『六合雑誌』を、23年(1890)独力で『福音新報』を創刊。36年(1903)には東京神学社(東京神学大学)を創立した。

「近代日本人の肖像」より

植村 正久(うえむら まさひさ、1858年1月15日(安政4年12月1日) - 1925年1月8日)は、日本の思想家・キリスト教の伝道者・牧師・神学者・説教家。 号は「謙堂」あるいは「桔梗生」など。 日本のキリスト教教会の形成に大きな役割を果たした植村は田村直臣、松村介石、内村鑑三と共にキリスト教界の四村と呼ばれた。 日本基督教会、日本のプロテスタントの指導者であり、後の日本のプロテスタントにも大きな影響を与え、全日本キリスト教会のプロテスタント教皇といわれた。 [生涯] 徳川の1500石の旗本の家に生まれた。 幼名は道太郎。 大政奉還で没落し、立身出世を目指して英学を学ぶ。 そこで、サミュ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエムラ マサヒサ
人物別名 謙堂

植村正久
生年 1858年
没年 1925年
職業・経歴等 宗教家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
論集福沢諭吉 山路愛山, 丸山眞男 ほか 著 ; 市村弘正 編 平凡社
2017.5
文語訳旧約聖書 - 岩波書店
2015.10
新島襄・植村正久・清澤満之・綱島梁川集 武田清子, 吉田久一編 筑摩書房
2013.1.25
文学 植村正久著 NetLibrary
2009
神学思想 植村正久著 NetLibrary
2009
教会と伝道 植村正久著 NetLibrary
2009
時代思潮 植村正久著 NetLibrary
2009
信仰と生活 植村正久著 NetLibrary
2009
説教 植村正久著 NetLibrary
2009
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想