結城 哀草果   (1893-1974)

結城 哀草果(ゆうき あいそうか、1893年10月13日 - 1974年6月29日)は、歌人、随筆家。 [概要] 山形県山形市菅沢出身。 旧姓は黒沼。 本名は光三郎(みつさぶろう)。 結城家の養子となる。 農業に従事。 1914年(大正3年)、歌誌『アララギ』に入会し、斎藤茂吉に師事。 1926年、選者となる。 1955年歌誌『赤光』を創刊。 東北の農村生活を歌い、また随筆にしたためた。 生涯を山形市菅沢にて暮らし、山形を代表する文化人として地元メディアへの登場も多かった。 山形市出身の文芸評論家・池上冬樹は、『文學界』の特集「随筆を読む」にて、優れた随筆として哀草果の小篇を紹介している。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ユウキ アイソウカ
人物別名 結城哀草果

結城, 光三郎
生年 1893年
没年 1974年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山麓 : 歌集 結城哀草果 著 短歌新聞社
1996.11
歌集 山麓 結城 哀草果【著】 岩波書店
1986.7.28
歌集 すだま 結城 哀草果【著】 岩波書店
1986.7.28
樹蔭山房以後 : 歌集 結城哀草果 著 中央書院
1977.1
哀草果村里随筆 結城哀草果 著 中央書院
1973
哀草果村里随筆 結城哀草果 著 中央書院
1973
哀草果村里随筆 結城哀草果 著 中央書院
1973
茂吉とその秀歌 結城哀草果 著 中央企画社
1972
結城哀草果全歌集 結城哀草果著 中央企画社
1972
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想