木村 真三   (1967-)

木村 真三(きむら しんぞう、1967年 - )は、日本の放射線衛生学者。 [経歴] 愛媛県北宇和郡広見町(現鬼北町)出身。 東京理科大学山口短期大学、九州工業大学工学部二部卒業。 北陸先端科学技術大学院大学修士課程、北海道大学大学院博士課程修了(博士(地球環境科学))。 独立行政法人放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター線量評価研究部研究員(1999年 - 2004年) 独立行政法人労働安全衛生総合研究所研究員(2007年 - 2011年) 北海道大学非常勤講師(2011年) 獨協医科大学准教授(2011年 - ) 福島県双葉郡双葉町復興まちづくり委員会有識者委員(2012年 - ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ シンゾウ
人物別名 木村真三
生年 1967年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「放射能汚染地図」の今 木村真三 著 講談社
2014.2
シャッター商店街と線量計 : 大友良英のノイズ原論 大友良英 著 青土社
2012.12
放射線になんか、まけないぞ! 坂内智之, 大塚玲子 文 ; 柚木ミサト 絵 ; 木村真三 監修 太郎次郎社エディタス
2012.1
クロニクルFukushima 大友良英 著 ; 宇川直宏, 遠藤ミチロウ, 木村真三, 坂本龍一, 丹治博志・智恵子・宏大, 森彰一郎, 和合亮一 共著 青土社
2011.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想