吉川 猛夫   (1912-1993)

吉川 猛夫(よしかわ たけお、1912年(明治45年)3月7日 - 1993年(平成5年)2月20日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍少尉。 [経歴] 愛媛県松山市出身。 警察官・吉川菊一郎の長男として生まれる。 松山中学を経て、1930年(昭和5年)4月、海軍兵学校(61期)に入学。 1933年(昭和8年)11月、同校を卒業し「浅間」乗組となる。 「由良」乗組を経て、1934年(昭和9年)10月から1935年(昭和10年)3月まで海軍水雷学校で講習員として学ぶが、1935年(昭和10年)1月から6月まで病休した。 同年7月、海軍少尉に任官し横須賀鎮守府付に発令されるが、同年9月に待命、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシカワ タケオ
人物別名 吉川猛夫

森村, 正
生年 1912年
没年 1993年
職業・経歴等 大日本帝国海軍軍人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
私は真珠湾のスパイだった 吉川猛夫 著 毎日ワンズ
2015.5
真珠湾スパイの回想 吉川猛夫 著 朝日ソノラマ
1985.4
真珠湾のスパイ : 太平洋戦争陰の死闘 - 協同
1973
東の風、雨 : 真珠湾スパイの回想 吉川猛夫 著 講談社
1963
開戦前夜と敗戦秘話 - 中央公論社
1960.11
Japan's spy at Pearl Harbor : memoir of an Imperial Navy secret agent Takeo Yoshikawa ; translated by Andrew Mitchell McFarland & Co.
c2020
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
真珠湾の日本間諜 吉川 猛夫
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想