林 董   (1850-1913)

千葉生まれ。外交官。父は佐倉藩の蘭方医佐藤泰然。幕府御殿医林洞海の養子となる。慶応2年(1866)に幕府留学生としてイギリスに留学。帰国後、箱館戦争に参加し、捕らえられる。明治4年(1871)に明治政府に出仕し、工部省、香川県、兵庫県知事等を歴任し、24年(1891)外務次官となる。その後、駐露公使、駐英公使となり、日英同盟の締結に尽力した。第1次西園寺内閣で外相、第2次西園寺内閣で逓信相として再度入閣し、一時外相も兼任した。

「近代日本人の肖像」より

林 董(はやし ただす、1850年4月11日(嘉永3年2月29日) - 1913年(大正2年)7月20日)は幕末の幕臣。 明治期の日本の外交官、政治家。 伯爵。 初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。 董三郎(とうさぶろう)とも。 変名、佐藤 東三郎(さとう とうさぶろう)。 [略歴] 下総国佐倉藩(のち千葉県佐倉市)の蘭医佐藤泰然の五男として生まれ、後に幕府御典医林洞海の養子となる。 養母・つるは泰然の長女・董の実姉である。 ヘボン塾(のちの明治学院大学)で学んだ後、幕府の留学生としてイギリスへ行った後、榎本武揚率いる脱走艦隊に身を投じ、箱館戦争時には佐藤東三郎と名乗った。 敗戦後、香川...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤシ タダス
人物別名 林董
生年 1850年
没年 1913年
職業・経歴等 外交官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 李秡 (リーバー) 著 ; 林董譯 信山社
2013.8
日本立法資料全集 ベンサム著 ; 林董譯 信山社
2006.8
後は昔の記 : 他 林董回顧録 林董 著 ; 由井正臣 校注 平凡社
1970
後は昔の記 林董 述 時事新報社
明43.12
修養の模範 林董 訳編 丙午出版社
明42.9
羅馬史論 マキァヴエリ 著 ; 林董 訳 博文館
明39.10
外交懐舊談 林董著 者不明
[19--]
経済論(弥児) ミル 著 ; 林董, 鈴木重孝 訳 英蘭堂
明8-18
経済論(弥児) ミル 著 ; 林董, 鈴木重孝 訳 英蘭堂
明8-18
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想