米川 正夫   (1891-1965)

Wikipedia「米川正夫

「青空文庫」より

米川 正夫(よねかわ まさお、1891年11月25日 - 1965年12月29日)は、日本のロシア文学者、翻訳家。 [経歴] 岡山県高梁町の質屋の家庭に四男として生まれ育つ。 高梁中学校時代にツルゲーネフ『片恋』(訳:二葉亭四迷)を愛読、ロシア語の道を志して、1909年、東京外国語学校(通称・外語/現・東京外国語大学)ロシヤ語本科に入学。 翌年、級友の中村白葉などと共に雑誌『露西亜文学』を創刊、この雑誌で翻訳を始める。 1912年、外語を首席で卒業。 卒業後、鉄道省の採用試験に失敗、しばらくフリーランスの翻訳や来日ロシア人の通訳で生計を立てた。 1912年8月、三菱に入社、長崎支店に勤務。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨネカワ マサオ
人物別名 米川正夫
生年 1891年
没年 1965年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
家族だからって、わからないこともある。 レフ・トルストイ, ギ・ド・モーパッサン, コナン・ドイル ほか 作 ; 米川正夫, 前田晁, 田中早苗 ほか 訳 くもん
2016.1
かもめ チェーホフ 作 ; 浦雅春 訳 岩波書店
2010.1
昭和初期世界名作翻訳全集 ドストェーフスキイ著 ; 米川正夫訳 ゆまに書房
2009.4
昭和初期世界名作翻訳全集 ドストェーフスキイ著 ; 米川正夫訳 ゆまに書房
2009.4
昭和初期世界名作翻訳全集 ドストェーフスキイ著 ; 米川正夫訳 ゆまに書房
2009.4
昭和初期世界名作翻訳全集 ピリニヤーク著 ; 米川正夫訳 ゆまに書房
2009.4
罪と罰 ドストエフスキー [著] ; 米川正夫 訳 角川グループパブリッシング
角川書店
2008.11
人間の運命 ショーロホフ 著 ; 米川正夫, 漆原隆子 訳 角川グループパブリッシング
角川書店
2008.11
罪と罰 ドストエフスキー [著] ; 米川正夫 訳 角川グループパブリッシング
角川書店
2008.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想