横瀬 夜雨   (1878-1934)

横瀬夜雨(よこせ・やう)1878(明治11)年茨城県下妻に生まれる。四歳頃からポット氏病という難病に冒され、尋常小学校を卒業しただけで、家に籠もり独学で詩を書き始める。雑誌に投稿した短歌や詩が河井醉茗らに認められ本格的に詩作に耽るようになった。1934(昭和9)年没。他に『夕月』、『二十八宿』などの詩集がある。(小林繁雄)Wikipedia「横瀬夜雨

「青空文庫」より

横瀬 夜雨(よこせ やう、1878年(明治11年)1月1日 - 1934年(昭和9年)2月14日)は、日本の詩人、歌人。 茨城県真壁郡横根村(現・下妻市)生まれ。 本名・虎寿(とらじゅ)。 別号に利根丸、宝湖。 幼時、くる病に冒されて生涯苦しんだ。 『文庫』に民謡調の詩を発表し、1905年詩集『花守』を刊行して、浪漫的な色彩で人気を博し、1907年河井酔茗主催の詩草社に参加した。 地方の文学少女たちがその境遇への同情から夜雨の妻になると言って数名やってきたことは、水上勉『筑波根物語』に詳しい(伊藤整『日本文壇史』の記述は連載終了後単行本化されなかった水上の著を参考にしたもの)。 その後結婚し、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコセ ヤウ
人物別名 横瀬夜雨
生年 1878年
没年 1934年
職業・経歴等 詩人
をも見よ 横瀬, 処寿

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
河井醉茗・横瀬夜雨・伊良子清白・三木露風集 矢野峰人編 筑摩書房
2013.1.25
横瀬夜雨書簡集 : 河井醉茗宛 横瀬夜雨 著 ; 横瀬隆雄 編 横瀬夜雨記念会
2009.8
近代世相風俗誌集 紀田順一郎 編・解説 クレス
2006.1
近代世相風俗誌集 紀田順一郎 編・解説 クレス
2006.1
精選社会風俗資料集 紀田順一郎 監修・解説 クレス
2006.9
横瀬夜雨童謡集 横瀬隆雄 編 筑波書林
1995.7
土井晩翠・薄田泣菫・蒲原有明・伊良子清白・横瀬夜雨集 土井晩翠 [ほか] 著 講談社
1980.5
天狗騒ぎ 横瀬夜雨 編 崙書房
1974
明治初年の世相 横瀬夜雨 編 崙書房
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想