横光 利一   (1898-1947)

福島県生まれ。1921年に「父」「比叡」「南北」を発表し、菊池寛に認められる。1923年「新小説」に「日輪」を発表。1924年、片岡鉄兵、川端康成らとともに「文芸時代」を創刊し、新感覚派文学の運動をおこす。代表作として「機械」「寝園」など。1947年12月30日、胃潰瘍にて死去。Wikipedia「横光利一

「青空文庫」より

横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人である。 菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として活躍した。 本名は横光利一(としかず)。 横光の名を冠したものとして、父の故郷の大分県宇佐市でおこなわれる横光利一俳句大会があるが、これは横光が松尾芭蕉の家系を引くことや(その後の調査で血縁関係はないことが判明)、また本人も数多くの句を作ったところよりきている。 [略歴] 1898年(明治31年)3月17日、福島県北会津郡東山村大字湯本川向の旅館「新瀧」(今の東山温泉)で、父・梅次郎、母・こぎくの長男として生ま...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコミツ リイチ
人物別名 横光利一
生年 1898年
没年 1947年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.3
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.5
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.7
旅愁 横光利一 作 岩波書店
2016.8
旅愁 横光利一 作 岩波書店
2016.9
林修の「今読みたい」日本文学講座 林修 著 宝島社
2015.7
直観を磨くもの : 小林秀雄対話集 小林秀雄 ほか 著 新潮社
2014.1
経済小説名作選 日本ペンクラブ 編 ; 城山三郎 選 筑摩書房
2014.5
文豪たちが書いた泣ける名作短編集 彩図社文芸部 編纂 彩図社
2014.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想