横松 宗   (1913-)

横松宗(よこまつ たかし、1913年7月19日 - 2005年10月15日)は近代中国思想の研究者、教育学者。 元八幡大学(現九州国際大学)学長。 大分県中津市生まれ。 魯迅、同郷の福沢諭吉の第一人研究者。 [略歴] 1935年 広島高等師範学校卒業、埼玉青年師範学校講師 1939年 中支那振興株式会社社員として中国へ赴任、駐在員として農村政策・管理の仕事に就く 1946年帰国 1956年 九州大学教育学部大学院卒業 1956年 八幡大学講師、その後法経学部長、教授を歴任 1958年 ロンドン大学留学 1975年 八幡大学学長2期、その後社会文化研究所所長を歴任 学外の役職として、中津市教育...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコマツ タカシ
人物別名 横松宗
生年 1913年
没年 -
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福沢諭吉 : その発想のパラドックス 横松宗 著 梓書院
2004.1
中国近代史 范文瀾 著 ; 横松宗, 小袋正也 訳 中国書店
1999.7
福沢諭吉中津からの出発 横松宗 著 朝日新聞社
1991.8
大正から昭和へ : 恐慌と戦争の中を生きて 横松宗 著 河出書房新社
1989.9
魯迅 : 民族の教師 横松宗 著 河出書房新社
1986.3
魯迅の思想 : 民族の怨念 横松宗 著 河出書房新社
1981.12
戦後民主主義と教育 横松宗 著 明治図書
1973
魯迅の思想 : 民族の怨念 横松宗 著 河出書房新社
1973
現代教育学入門 横松宗 著 明治図書
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想