除村 吉太郎   (1897-1975)

除村 吉太郎(よけむら よしたろう、1897年2月10日 - 1975年11月3日)は、ロシア・ソビエト文学者。 群馬県生まれ。 東京外国語学校ロシア語科卒。 駐日ロシア大使館勤務後、日露協会学校助教授、東京外国語学校教授、1935年ソ連に留学するが、帰国後の1940年思想的理由で教職を追放される。 戦時期は『ロシア年代記』の翻訳に専念し、翻訳家としての代表的作品となった。 戦後は早稲田大学客員教授、日ソ親善協会常務理事、日ソ学院院長を務めた。 [著書] ロシヤ語第一歩 白水社 1936 よき文学のために 世界画報社 1947 芸術とリアリズム 京王書房 1947 ロシヤ文学について ナウカ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨケムラ ヨシタロウ
人物別名 除村吉太郎
生年 1897年
没年 1975年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ロシヤ年代記 レーベヂェフ 編 ; 除村吉太郎 訳 原書房
1979.11
日ソ学院版ロシヤ語講座 除村吉太郎[ほか]監修 酒井書店
1975
日ソ学院版ロシヤ語講座 除村吉太郎[ほか]監修 酒井書店
c1974
古典文学集 ラヂーシチェフ ほか[著] ; 除村吉太郎ほか訳 日本ブック・クラブ
1971.12
党と文化問題 ジダーノフ 著 ; 除村吉太郎, 蔵原惟人 訳 大月書店
1968.4
露文解釈から和文露訳へ 除村吉太郎 著 白水社
1967
日ソ学院版ロシヤ語講座 除村吉太郎[ほか]監修 1967.2
酒井書店
-
ロシヤ語対訳シリーズ 除村吉太郎 指導 明治図書
1964
ロシヤ語講座 : 日ソ学院版 除村吉太郎 等著 酒井書店
1961
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想