安岡 正篤   (1898-1983)

安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)は陽明学者・思想家。 [経歴] 現在の大阪市中央区旧順慶町において、父・堀田喜一、母・悦子の四男として誕生。 1904年(明治37年)大阪市道仁小学校入学。 四書の「大学」から素読を始める。 1910年(明治43年)大阪府四条畷中学校入学。 卒業までの五年間、歩きながら書を読んで電柱にぶつかったり、牛に突き当たったりしたという伝説が生まれる。 中学校では剣道部に所属。 一方で、近所の春日神社神官浅見晏斎に見出され、漢詩に親しみ、さらに柳生藩大参事であった陽明学者岡村達より感化を受ける。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤスオカ マサヒロ
人物別名 安岡正篤
生年 1898年
没年 1983年
職業・経歴等 教育者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
活眼活学 安岡正篤著 PHP研究所
2020.10
天子論及び官吏論 安岡正篤著 明徳出版社
郷学研修所・安岡正篤記念館
2019.12
人物を修める 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
先哲講座 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
易と人生哲学 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
呻吟語を読む 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
立命の書「陰騭録」を読む 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
経世瑣言 : 総編 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
いかに生くべきか 安岡正篤著 致知出版社
2018.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想