矢内原 忠雄   (1893-1961)

Wikipedia「矢内原忠雄

「青空文庫」より

矢内原 忠雄(やないはら ただお、1893年(明治26年)1月27日 - 1961年(昭和36年)12月25日)は、日本の経済学者・植民政策学者。 東京大学総長。 日本学士院会員。 正三位勲一等瑞宝章。 [人物・生涯] 愛媛県今治市に四代続いた家系の医者の子として生まれる。 教育熱心な父の影響で、神戸の従兄弟(望月信治)の家から兵庫県立神戸中学校(兵庫県立神戸高等学校の前身)に通学して卒業。 旧制第一高等学校に在学中、無教会主義者の内村鑑三が主催していた聖書研究会に入門を許され、キリスト教への信仰を深めていった。 東大に入学後は、吉野作造の民本主義や、人道主義的な立場から植民政策学を講じてい...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナイハラ タダオ
人物別名 矢内原忠雄

Yanaihara, Tadao
生年 1893年
没年 1961年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
イエス伝 : マルコ伝による 矢内原忠雄著 中央公論新社
2019.8
武士道 新渡戸稲造 著 ; 矢内原忠雄 訳 角川春樹事務所
2014.10
戦前期領土問題資料集 百瀬孝 編・解説 クレス
2013.8
キリスト教入門 矢内原忠雄 著 中央公論新社
2012.4
内村鑑三とともに 矢内原忠雄 著 東京大学出版会
2011.9
矢内原忠雄 鴨下重彦, 木畑洋一, 池田信雄, 川中子義勝 編 東京大学出版会
2011.11
武士道 新渡戸稲造 著 ; 矢内原忠雄 訳 岩波書店
2007.4
矢内原忠雄 矢内原忠雄 著 日本キリスト教団出版局
2004.4
矢内原忠雄「帝国主義下の台湾」精読 矢内原忠雄 著 ; 若林正丈 編 岩波書店
2001.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想