矢内原 伊作   (1918-1989)

矢内原 伊作(やないはら・いさく、1918年5月2日 - 1989年8月16日)は、日本の哲学者、評論家。 [来歴] 矢内原忠雄の長男として愛媛県に生まれる。 聖書のイサクに因んで名づけられた。 東京府立一中、第一高等学校理科を経て、1941年京都帝国大学文学部哲学科卒業。 1942年海軍予備学生。 復員後サルトルやカミュに惹かれ、本格的に実存主義の立場で哲学を研究。 また造形芸術に関心が深く、渡仏し彫刻家ジャコメッティと深い親交を持ち、多くの肖像画や胸像が製作されている。 1948年宇佐見英治らとともに文芸誌『同時代』を創刊し、ジャコメッティのアトリエでの対話をはじめとする数々のエッセイを...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナイハラ イサク
人物別名 矢内原伊作
生年 1918年
没年 1989年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
エクリ ジャコメッティ [著] ; 矢内原伊作, 宇佐見英治, 吉田加南子 訳 みすず書房
2017.5
完本ジャコメッティ手帖 矢内原伊作 著 ; 武田昭彦, 菅野洋人, 澤田直, 李美那 共編 みすず書房
2010.3
完本ジャコメッティ手帖 矢内原伊作 著 ; 武田昭彦, 菅野洋人, 澤田直, 李美那 共編 みすず書房
2010.6
パウル・クレー : 遺稿、未発表書簡、写真の資料による画家の生涯と作品 フェリックス・クレー 著 ; 矢内原伊作, 土肥美夫 訳 みすず書房
2008.10
名文で巡る国宝の観世音菩薩 白洲正子, 和辻哲郎, 広津和郎, 岡倉天心, 亀井勝一郎, 上村松篁, 榊莫山, 矢内原伊作, 堀辰雄, 高村光太郎, 竹山道雄, 保田與重郎, 円地文子, 東山魁夷, 山口誓子, 井上靖, 西村公朝, 岡部伊都子, 司馬遼太郎, 陳舜臣 著 青草書房
2007.7
思想と動くもの ベルグソン著 ; 矢内原伊作訳 NetLibrary
2007
ベルグソン全集 ベルグソン [著] 白水社
2001.10
アルバムジャコメッティ 矢内原伊作 撮影・テクスト みすず書房
1999.9
矢内原忠雄伝 矢内原伊作 著 みすず書房
1998.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想