矢内原 勝   (1926-2003)

矢内原 勝(やないはら・かつ、1926年3月13日 - 2003年11月27日)は、日本の経済学者。 慶應義塾大学名誉教授。 [来歴] 矢内原忠雄の三男として東京に生まれる。 哲学者の矢内原伊作は兄。 東京府立第一中学校を経て1947年に慶應義塾大学経済学部に入学。 山本登に師事する。 1950年に卒業し、副手として開発経済学の研究に着手。 1991年に慶應義塾大学名誉教授。 東京大学経済学部に入る学力はあったが、父の忠雄と東京大学との関係の悪化により慶應義塾大学へ進学した。 船田元は、矢内原ゼミ出身。 敬虔な無教会のクリスチャン。 多くの弟子を育て上げた。 [著書] 低開発国の輸出と経済...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナイハラ カツ
人物別名 矢内原勝
生年 1926年
没年 2003年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
発展途上国問題を考える 矢内原勝 編著 勁草書房
1996.6
世界経済 : 歴史・理論・現状 矢内原勝 著 文真堂
1994.11
国際貿易論 矢内原勝 著 慶応通信
1994.12
矢内原忠雄未発表講演記録「生死の問題」 西村秀夫編 山田章博, 渼子
[1993?]
アフリカ 吉田昌夫 編 アジア経済研究所
1992.11
アジアの国際労働移動 矢内原勝, 山形辰史 編 アジア経済研究所
1992.12
アフリカ 吉田昌夫 編 アジア経済研究所
1991.9
矢内原勝教授退任記念論文集 慶應義塾経済学会編 慶応義塾経済学会
1991.3
アフリカ・ラテンアメリカ関係の史的展開 矢内原勝, 小田英郎 編 平凡社
1989.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想