柳田 聖山   (1922-2006)

柳田 聖山(やなぎだ せいざん、旧姓:横井(よこい)、1922年12月19日 - 2006年11月8日)は日本の中国禅宗史研究の第一人者。 義父は柳田謙十郎。 西田幾太郎門下出身の哲学者、妻は茶道家の柳田宗葩。 1922年に滋賀県愛知郡稲枝村(現在の彦根市)の延寿寺(臨済宗)に生まれる。 臨済学院専門学校(現在の花園大学)、大谷大学、京都大学に学び、久松真一に師事してFAS禅運動に共鳴。 中国禅宗史研究に於いて批判的資料研究を進め、資料が史実ではなく、その時代の要請によって製作されたことを見抜いた。 また、博覧強記なことで知られ、不勉強な後輩を一言の下に教化し、大正大学教授を務めた天台教学の関...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナギダ セイザン
人物別名 柳田聖山
生年 1922年
没年 2006年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
臨済録 [臨済義玄著] ; 柳田聖山訳 中央公論新社
2019.9
柳田聖山集 柳田聖山 著 法蔵館
2017.3
楞伽師資記・伝法宝紀 柳田聖山著 筑摩書房
2016.4
歴代法宝記 柳田聖山著 筑摩書房
2016.4
雪竇頌古 入矢義高, 梶谷宗忍, 柳田聖山著 筑摩書房
2016.4
信心銘・証道歌・十牛図・坐禅儀 梶谷宗忍, 柳田聖山, 辻村公一著 筑摩書房
2016.4
達摩の語録 : 二入四行論 柳田聖山著 筑摩書房
2016.4
一休骸骨 [一休] [著] ; 柳田聖山 現代訳注釈 ; 早苗憲生 釈文・解題 禅文化研究所
2015.11
紙屋院聖山先生書札並ニ端書 [柳田聖山著] ; 岡田宜紀編 岡田宜紀
2007.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想