菊地 夏野   (1973-)

菊地 夏野(きくち なつの、1973年 - )は、日本の社会学者。 名古屋市立大学人文社会学部現代社会学科准教授。 専門は社会学、ジェンダー論、セクシュアリティ論、フェミニズム理論研究、ポストコロニアル理論研究。 [経歴] 宮城県登米郡中田町(現 登米市)生まれ。 母親は福島県福島市出身。 京都大学大学院文学研究科博士課程修了、名古屋市立大学人文社会学部専任講師等を経て、現職。 大学時代より、東アジア・東南アジア世界における女性たちの運動に関心をもち、修士・博士論文では沖縄米軍政下における女性労働者の社会運動を歴史社会学的に位置づける。 いくつかの論文で、女性国際戦犯法廷と日本軍「慰安婦」問...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キクチ ナツノ
人物別名 菊地夏野
生年 1973年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本のポストフェミニズム : 「女子力」とネオリベラリズム 菊地夏野著 大月書店
2019.2
戦争社会学 好井裕明, 関礼子 編著 明石書店
2016.10
ジェンダーにおける「承認」と「再分配」 越智博美, 河野真太郎 編著 彩流社
2015.3
ナゴヤ・ピース・ストーリーズ 平田雅己, 菊地夏野 編 風媒社
2015.10
「倫理」における「主体」の問題 仲正昌樹 編 御茶の水書房
2013.12
再配分か承認か? : 政治・哲学論争 ナンシー・フレイザー, アクセル・ホネット 著 ; 加藤泰史 監訳 ; 高畑祐人, 菊地夏野, 舟場保之, 中村修一, 遠藤寿一, 直江清隆 訳 法政大学出版局
2012.10
京都大学非常勤職員のワークライフバランスについてのインタビュー 山根実紀編・研究幹事 京都大学グローバルCOE「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」
2012.2
ポストコロニアリズムとジェンダー 菊地夏野 著 青弓社
2010.4
自由と自律 仲正昌樹 編 御茶の水書房
2010.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想