山代 巴   (1912-2004)

山代 巴(やましろ ともえ、旧姓:徳毛、1912年6月8日- 2004年11月7日)は、日本の作家である。 広島県芦品郡栗生村(今の府中市栗柄町)に生まれる。 1929年(昭和4年)、東京女子美術専門学校(今の女子美術大学)に入学する。 1932年、日本共産党に入党する。 1937年に山代吉宗(1901年 - 1945年)と結婚した。 1945年から尾道市立図書館長中井正一が広島県下で主宰した文化運動での市民講座を受講し、中井の知遇を得、影響を受ける。 なお、山代の『千代の青春』は中井正一の母親をモデルにしている。 代表作の『荷車の歌』は、1959年に、山本薩夫監督、三國連太郎主演で映画化もさ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマシロ トモエ
人物別名 山代巴
生年 1912年
没年 2004年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山代巴獄中手記書簡集 山代巴 著 ; 牧原憲夫 編 而立書房
2013.12
山代巴獄中手記書簡集 : 模索の軌跡 山代巴 著 ; 牧原憲夫 編 平凡社
2003.4
保障なき社会 宮本常一 [ほか] 監修 EBSCO
[20--]
千代の青春 山代巴 著 径書房
1996.6
日本残酷物語 宮本常一 [ほか] 監修 平凡社
1995.5
日本残酷物語 宮本常一 [ほか] 監修 平凡社
1995.8
おかねさん 山代巴 著 径書房
1992.1
原爆に生きて 山代巴 著 径書房
1991.7
民話を生む人びと 山代巴 著 径書房
1991.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想