原 研二   (1951-2008)

原 研二(はら けんじ、1951年3月8日 -2008年9月28日)は日本のドイツ文学者で、近代のドイツ・オーストリア文学・文化史専攻。 ヘルマン・ヘッセ、ローベルト・ムージル、チャールズ・シールズフィールドの研究で知られた。 晩年は沼田裕之(東北大学名誉教授)らと共に、ヤーコプ・ブルクハルトの『イタリア・ルネサンスの文化』校訂版編集に心血を注いだ。 [生涯] 1951年、仙台市に生まれる。 父は建築業であったが、京都大学経済学部の出身で、室積徂春門下の俳人でもあり、その影響により、幼いときから文学に親しんだ。 宮城県仙台第二高等学校の頃からヘルマン・ヘッセの小説を愛読。 病気休学のため、高...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハラ ケンジ
人物別名 原研二
生年 1951年
没年 2008年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ユダヤ小百科 ユーリウス・H・シェプス 編 ; 石田基広, 唐沢徹, 北彰, 鈴木隆雄, 関口宏道, 土屋勝彦, 西村雅樹, 野村真理, 原研二, 松村國隆 訳 水声社
2012.12
白雪姫たちの世紀末 : 闇の女王をめぐるヨーロッパ19世紀末の文化論 原研二 著 郁文堂
2010.8
多元的文化の論理 : 新たな文化学の創生へ向けて 原研二, 佐藤研一, 松山雄三, 笹田博通 編 東北大学出版会
2005.5
物語と不在 : 十九世紀オーストリア小説とムージル 原研二 著 東洋
2005.9
ディアスポラの文学 原研二 編 日本独文学会
2004.9
人文社会科学の新世紀 : 東北大学文学部から世界へ 原研二 ほか編 東北大学出版会
2003.3
20世紀前半のオーストリア小説における伝統と革新 原研二研究代表者 原研二
2002.3
19世紀オーストリア小説における個人の発展と崩壊についての史的研究 原研二研究代表者 原研二
1997.2
オーストリア小説を中心とする20世紀ドイツ語散文の言説分析 原研二研究代表者 原研二
2006.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想