山内 一男   (1915-2008)

山内 一男(やまのうち かずお、1915年6月19日-2008年3月)は、日本の経済学者。 [経歴] 広島県出身。 1940年東京帝国大学卒、満鉄調査部勤務。 1957年まで中国に滞在。 1961年法政大学教授。 86年定年退任、名誉教授、中国研究所理事長。 中国経済の近代化過程を研究した。 [著書] 『中国社会主義経済研究序説 過渡期の経済理論』法政大学出版局 1971 『中国経済をどうみるか』日本経済新聞社 1973 『現代の中国経済 石油と社会主義建設』中公新書 1976 『現代中国の経済改革』学陽書房 1988 [著書] 『経済学全集 21 社会主義経済論』岡稔、竹浪祥一郎共編 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマノウチ カズオ
人物別名 山内一男
生年 1915年
没年 2008年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中国経済の新局面 山内一男, 菊池道樹 編 法政大学出版局
1990.11
岩波講座現代中国 野村 浩一;山内 一男;宇野 重昭;小島 晋治;竹内 実;岡部 達味【編】 岩波書店
1989.10
現代中国の経済改革 山内一男 著 学陽書房
1988.11
中国の石油産業 神原達 ほか著 幸書房
1985.4
10億人の近代化 21世紀の日中関係を考える会 編著 21世紀の日中関係を考える会
1984.10
農業生産責任制と中国社会主義 : とくに「包幹到戸」の方式について 山内一男著 - [1983.3]
現代の中国経済 山内一男 著 中央公論社
1976
中国経済をどうみるか 山内一男 著 日本経済新聞社
1973
中国経済図説 山内一男 他著 日本経営出版会
1972
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
進展する経済改革 山内 一男
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想