林 権助   (1860-1939)

林 権助(はやし ごんすけ、安政7年3月2日(1860年3月23日) - 昭和14年(1939年)6月27日)は、明治・大正期の外交官・男爵。 会津藩出身。 林又三郎の子。 会津藩大砲隊長・林権助安定は祖父。 [経歴] 慶応3年(1867年)に藩校・日新館に入る。 翌年の鳥羽・伏見の戦いで祖父と父が戦死したため、林家(550石)の家督を継ぎ、幼い身ながら会津戦争においては若松城に籠城して新政府軍と戦った。 その後、藩の移封に従って斗南藩に移るが、母子の生活は大変苦しかった。 そこへ、薩摩藩出身の陸軍少佐で、会津・薩摩両藩がともに公武合体派の立場にあった時に祖父の権助と京都警固の任にともにあた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤシ ゴンスケ
人物別名 林権助
生年 1860年
没年 1939年
職業・経歴等 男爵

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日露戦役当時の追懐 : 「国防日」記念講演 林権助 述 京都府国防協会
昭和11
わが七十年を語る 林権助 著 第一書房
1935 2版
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想