山本 有三   (1887-1974)

山本 有三(やまもと ゆうぞう、1887年(明治20年)7月27日 - 1974年(昭和49年)1月11日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の小説家、劇作家、政治家。 本名は山本 勇造(やまもと ゆうぞう)。 日本芸術院会員、文化勲章受章者。 社会劇,歴史劇を次々に発表し,大正末期より小説に転じる。 政治家としては戦後に貴族院勅選議員に勅任され貴族院が廃止されるまでこれを務めた後、第1回参議院選挙に全国区から出馬して当選、参議院議員を1期務めた。 [来歴] 呉服商の子として現在の栃木市に生まれる。 高等小学校卒業後、父親の命で一旦東京浅草の呉服商に奉公に出されるが、一度は逃げ出して故郷に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマモト ユウゾウ
人物別名 山本有三

山本, 勇造
生年 1887年
没年 1974年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生命の冠 ; 坂崎出羽守 山本有三著 三鷹市スポーツと文化財団
三鷹市山本有三記念館
2019.3
路傍の石 山本有三原作 ; 山田一喜まんが 講談社
2018.12
坂崎出羽守 : 四幕 : 山本有三生誕百三十年 山本有三作 ; 二世尾上松緑演出. 沓掛時次郎 : 三幕 国立劇場
2017.11
花 死人に口なし : 他七篇 シュニッツラー 作 ; 番匠谷英一, 山本有三 訳シュニッツラー 作 ; 番匠谷英一, 山本有三 訳 岩波書店
2011.7
女の一生 山本有三 著 三鷹市山本有三記念館
2011.10
女の一生 山本有三 著 三鷹市山本有三記念館
2011.10
山本有三 著 三鷹市山本有三記念館
2010.6
H.G.ウェルズ, シュニッツラー, ホーフマンスタール 著 ; 阿部知二, 山本有三, 富士川英郎 訳 ポプラ社
2010.10
吉屋信子, 山本有三, 石川達三 著 ポプラ社
2010.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想