山田 順子   (1901-1961)

山田 順子(やまだ ゆきこ)、1901年6月25日 - 1961年8月27日)は、作家。 徳田秋聲、竹久夢二などの愛人としても知られる。 本名ユキ。 秋田県由利郡本荘町(現由利本荘市)に廻船問屋の長女として生まれ、秋田県立秋田高等女学校(現秋田県立秋田北高等学校)を卒業し、20歳で弁護士増川才吉と結婚し小樽に住むが、文学志望が強く、1924年(大正13年)自作『水は流るる』を携えて上京し徳田秋聲に師事、夫が破産し離婚、三児を夫が引き取る。 翌年足立欽一の尽力で『水は流るる』が上梓されるが足立の愛人となり、また同書の装幀をした竹久夢二とも恋仲になり同棲するが四ヶ月で別れ、1926年秋聲の妻が死ん...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ ジュンコ
人物別名 山田順子

山田, 順
生年 1901年
没年 1961年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
下萌ゆる草・オレンジエート : 山田順子作品集 山田順子 著 ; 大木志門 編 龜鳴屋
2012.8
流るるままに 山田順子 著 ゆまに書房
1999.12
十七才の傾斜 : その性の記録と行動から 山田順子 著 久保書店
1961
女弟子 : わが肉体と心情の遍歴 山田順子 著 あまとりあ社
1955
女弟子 山田順子 著 ゆき書房
1954
私たちの観音さま 山田順子 著 ゆき書房
昭和25
愛と受苦 : 創作 山田順子 著 紫書房
昭和15
慾望と愛情の書 : 附録・オレンヂエート 山田順子 著 紫書房
昭和14
神の火を盗んだ女 山田順子 著 紫書房
昭12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想