山田 雄三   (1902-1996)

山田 雄三(やまだ ゆうぞう、1902年12月20日 - 1996年5月25日)は、日本の経済学者(理論経済学)、一橋大学名誉教授。 [人物] 山梨県出身。 1927年旧制東京商科大学(現一橋大学)卒。 1929年同助手、1934年同予科教授、1935年助教授、1941年教授。 1949年から1963年までは東京経済大学教授を兼任。 一橋大学教授、1955年経済学部長。 66年定年退官。 社会保障研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)初代所長。 1951年「日本国民所得推計資料」は国民所得分析の先駆的業績。 池田勇人政権の目玉政策であった『所得倍増計画』に参加。 国民年金審議会会長。 [...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ ユウゾウ
人物別名 山田雄三
生年 1902年
没年 1996年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
価値多元時代と経済学 山田雄三 著 岩波書店
1994.10
寒蝉 山田雄三 著 山田雄三
1992.9
謡曲に見る人間研究 : 無常観とその昇華 山田雄三著 山田雄三
1990.3
寒蝉 山田雄三 著 山田雄三
1989.7
寒蝉 山田雄三 著 山田雄三
1987.2
寒蝉 山田雄三 著 山田雄三
1985.1
橋問叢書 新井俊三編 一橋の学問を考える会
1985.6-1986.4
寒蝉 山田雄三著 山田雄三
-
橋問叢書 新井俊三編 一橋の学問を考える会
1982.12-1984.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想