八木 義徳   (1911-1999)

八木 義徳(やぎ よしのり、1911年10月21日 - 1999年11月9日)は、日本の小説家。 日本芸術院会員。 北海道室蘭市に、町立室蘭病院院長の次男として生まれる。 旧制室蘭中学校から北海道帝国大学水産専門部に入学するも中退。 後に第二早稲田高等学院を経て、早稲田大学文学部仏文科卒。 高等学院時代に中村八朗、辻亮一、多田裕計らと同人雑誌「黙示」を創刊し、大学時代には第三次『早稲田文学』復刊に参加する。 有島武郎とドストエフスキーに心酔し、横光利一に師事、1937年、『海豹』発表。 満州理化学工業に入社、1944年、応召中に「劉広福(リュウカンフー)」で第19回芥川龍之介賞受賞(小尾十三「...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤギ ヨシノリ
人物別名 八木義徳
生年 1911年
没年 1999年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
早稲田作家処女作集 早稲田文学, 市川真人 編 講談社
2012.6
菊池寛, 八木義徳, シェンキェヴィチ 著 ; 吉上昭三 訳 ポプラ社
2010.10
幸せな哀しみの話 山田詠美 編 文芸春秋
2009.4
八木義徳展 : 文学の鬼を志望す : 町田市市制50周年記念特別企画展 町田市民文学館ことばらんど 編 町田市民文学館ことばらんど
2008.10
われは蝸牛に似て 八木義徳 著 作品社
2000.1
私のソーニャ : 八木義徳名作選 風祭 : 八木義徳名作選 八木義徳 著八木義徳 著 講談社
2000.8
文章教室 八木義徳 著 作品社
1999.1
船山馨 : 北の抒情 北海道文学館 編 北海道新聞社
1996.5
何年ぶりかの朝 : 八木義徳自選随筆集 八木義徳 著 北海道新聞社
1994.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想