矢川 徳光   (1900-1982)

矢川 徳光(やがわ とくみつ、1900年11月26日 - 1982年2月23日)は長崎県出身の教育学者。 ソヴィエト教育学研究会会長。 次女の矢川澄子は作家、詩人、翻訳家。 クリエイティブディレクターの小池一子も娘。 長女の夫はチェロ奏者井上頼豊。 [人物] 私生児として長崎市に生まれる。 父は山伏、母は尼僧。 1907年に母が発狂したため、11歳で住職のもとに預けられて育つ。 1919年、旧制長崎中学校四年修了で旧制山口高等学校に入学。 1926年、京都帝国大学英文学科卒業。 戦前は日本大学工学部予科教授などを歴任。 独学でロシア語を習得し、ソヴィエト教育理論や実践を紹介。 戦後は公職追放...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤガワ トクミツ
人物別名 矢川徳光
生年 1900年
没年 1982年
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦後道徳教育文献資料集 貝塚茂樹 監修 日本図書センター
2004.12
国民教育学 矢川徳光編 ほるぷ
1984.4
社会主義と教育学 矢川 徳光【訳】 明治図書出版
1981.12
人格の発達と民主教育 矢川徳光 著 青木書店
1976
講座日本の教育 五十嵐顕, 矢川徳光編 新日本出版社
1976
講座日本の教育 矢川徳光, 城丸章夫編 新日本出版社
1976
講座日本の教育 矢川徳光, 川合章編 新日本出版社
1976
教育研究と私の軌跡 矢川徳光 著 明治図書
1975
教育学 : ソビエトの教科書 イア・カイーロフ 主監 ; 矢川徳光 訳 明治図書
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想