矢田 津世子   (1907-1944)

Wikipedia「矢田津世子

「青空文庫」より

矢田 津世子(やだ つせこ、本名矢田ツセ、1907年(明治40年)6月19日 - 1944年(昭和19年)3月14日)は、日本の小説家、随筆家。 秋田県五城目町出身。 はじめモダン派であったが純文学に転進し、1936年に小説『神楽坂』が第3回芥川賞候補に選ばれる。 文章力と美貌を兼ね備えた女流作家として人気を集めた。 坂口安吾の恋人とされる。 大和生命初代社長の矢田不二郎は兄。 [来歴] 秋田県五城目町古川町(現在の同町下タ町)に生まれる。 父鉄三郎は秋田市に居住していたが当時の五城目町長に請われて1898年に同町の助役に就任。 本籍ごと一家をあげて五城目町に移っていた。 母チヱは近所の娘た...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤダ ツセコ
人物別名 矢田津世子
生年 1907年
没年 1944年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
神楽坂/茶粥の記 矢田津世子 [著] 講談社
2016.3
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.11
罠を跳び越える女 矢田津世子 著 無双舎
2010.8
矢田津世子, 藤沢桓夫, 上司小剣 著 ポプラ社
2010.10
思い出の町 : 矢田津世子随想集 矢田津世子 著 ; 矢田津世子文学記念室 編 五城目町教育委員会
2004.3
茶粥の記 矢田津世子 著 五城目町教育委員会
2003.3
茶粥の記 矢田津世子著 ; 矢田津世子文学記念室編集 五城目町教育委員会
2003.3
花蔭 矢田津世子 著 五城目町教育委員会
2002.3
女流作家十佳選 吉屋信子 編 ゆまに書房
2002.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想