渡部 経彦   (1926-1976)

渡部 経彦(わたなべ つねひこ、1926年4月1日 -1976年12月19日)は、日本の経済学者。 元・大阪大学教授。 経済学博士(東北大学、1962年)。 博士論文は「国際比較の観点からみた産業連関分析の応用」。 専門は経済政策、計量経済学。 [略歴] 1951年:東京大学経済学部卒業 東京大学大学院特別研究生 1956年:スタンフォード大学応用数学統計研究所所員 学習院大学政経学部講師 1957年:学習院大学政経学部助教授 1959年:スタンフォード大学経済成長研究センター所員(1961年9月まで) 1962年4月:学習院大学政経学部教授 1962年7月:経済企画庁経済研究所主任研究官(...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ ツネヒコ
人物別名 渡部経彦
生年 1926年
没年 1976年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
国際経済の政治学 渡部経彦 著 岩波書店
1977.5
理性的急進主義者の経済政策 : 混合経済への提言 ジェームズ・E.ミード 著 ; 渡部経彦 訳 岩波書店
1977.2
模索する資本主義 渡部経彦 著 岩波書店
1975
福祉論争 : ライフサイクル計画をめぐって 日本経済新聞社 編 日本経済新聞社
1975
経済発展と産業構造の変化 筑井甚吉, 渡部経彦, 宍戸駿太郎 [著] 日本経済研究センター
1973
現代経済学 渡部経彦, 筑井甚吉著 岩波書店
1972
現代の経済学 建元正弘, 渡部経彦 編 日本経済新聞社
1972
現代の経済学 建元正弘, 渡部経彦 編 日本経済新聞社
1972
現代の経済学 建元正弘, 渡部経彦 編 日本経済新聞社
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想