八洲 秀章   (1915-1985)

八洲秀章(やしまひであき、1915年(大正4年)6月2日 - 1985年(昭和60年)12月30日)は昭和期の作曲家。 本名鈴木義光。 [経歴] 北海道虻田郡真狩村出身。 本名鈴木義光。 21歳で上京し、YMCAのオラトリオに参加。 その後、山田耕筰に師事。 1937年(昭和12年)、「詩と歌謡」に投稿した「漂泊の歌」が同年ポリドールで東海林太郎の歌声でレコード化され作曲家デビュー。 作曲家として活動を始めるが、2年後肺結核に発病し療養を余儀なくされる。 1940年(昭和15年)6月、伊藤久男の「高原の旅愁」で復帰。 「さくら貝の歌」、「あざみの歌」、「毬藻の唄」を作曲したことで知られる。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤシマ ヒデアキ
人物別名 八洲秀章

鈴木, 義光
生年 1915年
没年 1985年
職業・経歴等 作曲家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
曼珠沙華ひがんばな : 日本歌曲集 城守香, アルト ; 塚田佳男, 田中悠一郎, ピアノ ALM RECORDS
c2020
にほんのうた : 混声合唱とピアノのための 寺嶋陸也編曲 カワイ
2018.5-
鮫島有美子がうたう日本のうた・世界のうた100 - Denon
コロムビアミュージックエンタテインメント
p2010
ふるさとの 高木東六[ほか作曲] ; 鮫島有美子, ソプラノ ; ヘルムート・ドイチュ, ピアノ
Denon
日本コロムビア
p2002
日本のうた - Denon
p2000
ふるさと/赤とんぼ : 合唱による日本のうた : 四季折々の歌を集めて - Toshiba RECORDS
p1998
春・櫻 鮫島有美子, [ソプラノ] Denon
日本コロムビア
1997, p1997
関定子が歌うはやりうたの世界 - Troika
p1996
風の贈り物 : 浦田常治作品集 - 音楽之友社
1992
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想