渡辺 男二郎   (1902-1980)

渡辺 男二郎(わたなべ だんじろう、1902年(明治35年)1月14日 - 1980年(昭和55年)11月20日)は、日本の内務・警察官僚。 最後の官選宮城県知事。 [経歴] 現在の広島県呉市出身。 渡辺逸太郎の二男として生まれる。 第三高等学校を卒業。 1925年、東京帝国大学法学部を卒業。 同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。 1926年5月、内務省に入省し、北海道庁属となる。 1929年8月、地方警視として青森県警察部勤務となる。 さらに、山形県警察部、福井県警察部で勤務。 1935年5月、地方事務官として三重県勤務となり、さらに東京府に移る。 1939年4月、内閣東北局書記官に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ ダンジロウ
人物別名 渡辺男二郎
生年 1902年
没年 1980年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東北開発の展開とその資料 渡辺男二郎 著 渡辺男二郎
1965
経済警察の基礎知識 渡辺男二郎 著 新光閣
昭13
経済警察の基礎知識 渡辺男二郎 著 新光閣
1938
経済語辞典 渡辺男二郎 著 新光閣
昭和9
警察官の日常経済知識 渡辺男二郎 著 新光閣
昭和7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想