和久 峻三   (1930-)

和久 峻三(わく しゅんぞう、1930年7月10日 - )は、大阪府大阪市出身の推理作家、弁護士。 本名は滝井峻三。 別名として夏目 大介(なつめ だいすけ)。 写真家としての顔も持ち、日本図書館協会選定図書の写真集『日本の原風景』(1993年)も発表している。 [略歴] 京都大学法学部出身で、この時の同窓に大島渚がいる。 卒業後は中日新聞社の記者を経て、弁護士となり京都に法律事務所を開く。 1960年に『宝石増刊』に滝井峻三名義で『紅い月』を発表してデビュー。 1972年に、『仮面法廷』で第18回江戸川乱歩賞を受賞。 1989年に、『雨月荘殺人事件』で第42回日本推理作家協会賞を受賞。 小...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワク シュンゾウ
人物別名 和久峻三

滝井, 峻三
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 小説家
をも見よ 夏目, 大介(1930-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
夢の浮橋殺人事件 和久峻三 著 集英社
2016.4
女検事の涙は乾く 和久峻三 著 集英社
2016.5
恐るべし少年弁護士団 和久峻三 著 光文社
2014.10
赤かぶ検事の挑戦 : 赤かぶ検事シリーズ傑作選 3 和久峻三 著 光文社
2012.2
京都上賀茂牡丹屋敷の殺人 : 長編推理小説 和久峻三 著 光文社
2011.5
赤かぶ検事シリーズ傑作選 和久峻三 著 光文社
2011.10
赤かぶ検事の決断 : 赤かぶ検事シリーズ傑作選 2 和久峻三 著 光文社
2011.12
光源氏「隠れ遊びの里」殺人事件 : 長編推理小説 和久峻三 著 光文社
2010.2
涙は血よりも濃し : 長編推理小説 和久峻三 著 光文社
2010.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想