和田 三造   (1883-1967)

和田 三造(わだ さんぞう、1883年(明治16年)3月3日 - 1967年(昭和42年)8月22日)は、明治・大正・昭和期の日本の洋画家、版画家。 帝国美術院会員。 1953年(昭和28年)、大映映画『地獄門』で、色彩デザイン及び衣裳デザインを担当し、この作品で、1954年(昭和29年)の第27回アカデミー賞で衣裳デザイン賞を受賞。 [経歴] 旧朽木藩の御典医であり、その後生野銀山鉱業所の勤務医や校医を勤めた和田文碩と秀の四男として、兵庫県朝来郡生野町(現・朝来市)に生まれる。 兄・宗英が大牟田市の鉱山業に従事したため、1896年(明治29年)、13歳の時に一家をあげて福岡市に転居する。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワダ サンゾウ
人物別名 和田三造
生年 1883年
没年 1967年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
2つの美術山脈 : 修猷館と明善に集った美術家たち 福岡県立美術館 編 福岡県立美術館
2010.2
イエス・キリスト画伝 和田三造 画 ; 加藤信朗 監修 知泉書館
2009.2
和田三造展 和田三造 画 ; 姫路市立美術館 編 姫路市立美術館友の会
2009.9
[イエス・キリスト聖画集] [和田三造画] 知泉書館
2009.2
イエスの一生 和田三造 画 ; 加藤耀子 文 ; 加藤信朗 監修 知泉書館
2008.12
コレクションでたどる姫路市立美術館の25年 : the collection of Himeji City Museum of Art 姫路市立美術館編集 姫路市立美術館友の会
2008.11-2009.3
青木繁と近代日本のロマンティシズム 青木繁 [ほか画] ; 東京国立近代美術館, 石橋財団石橋美術館, 日本経済新聞社文化事業部 編 日本経済新聞社
2003
昭和の面影 : 職業絵尽を中心として : 和田三造・小泉癸巳男らの作品による戦中・戦後の生活史美術展 - 昭和館
[2001.11]
和田三造とその偉業 和田三造 著 ; 和田三造生誕百年記念会 編 六芸書房
1984.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
ドガ 和田 三造
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想