内田 義彦   (1913-1989)

内田 義彦(うちだ よしひこ、1913年2月25日 - 1989年3月18日)は、日本の経済学者である。 愛知県名古屋市生まれ。 専攻は経済学史、社会思想史。 経済学博士。 アダム・スミス、カール・マルクスと、近代日本思想史の研究で知られる。 著書『社会認識の歩み』で、歴史認識と現代認識の関係、理念とハウ・トゥの関係、本の読み方について、を論じて、日本における社会科学的認識について考察している。 [略歴] 旧制甲南中学校・高等学校卒業。 1939年東京帝国大学経済学科卒業。 東京大学大学院修了。 東亜研究所研究員。 東京大学世界経済研究室研究員。 1948年専修大学教授。 [著書] 『経済...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチダ ヨシヒコ
人物別名 内田義彦
生年 1913年
没年 1989年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
形の発見 内田義彦 著 藤原書店
2013.11
生きること学ぶこと 内田義彦 著 藤原書店
2013.11
学問と芸術 内田義彦 著 ; 山田鋭夫 編=解説 藤原書店
2009.4
言葉と科学と音楽と : 対話 谷川俊太郎, 内田義彦 著 藤原書店
2008.4
生きること学ぶこと 内田義彦 著 藤原書店
2004.9
時代と学問 内田義彦 著 ; 野沢敏治, 酒井進 編 岩波書店
2002.12
「日本」を考える 内田義彦 著 藤原書店
2001.5
生きること学ぶこと 内田義彦 著 藤原書店
2000.5
ことばと音、そして身体 内田義彦 著 藤原書店
2000.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想