波多野 精一   (1877-1950)

Wikipedia「波多野精一

「青空文庫」より

波多野 精一(はたの せいいち、1877年7月21日 - 1950年1月17日)は、日本の哲学史家・宗教哲学者。 西田幾多郎とならぶ京都学派の立役者。 東大での教え子には石原謙、安倍能成、京大での教え子には田中美知太郎、小原国芳らがいる。 また指導学生ではないが、波多野の京大での受講者で波多野から強い影響を受けたとされる人物に三木清がいる。 [生涯] 1877年(明治10年)長野県筑摩郡松本町(現・松本市)に生まれる。 1882年(明治15年)父が大蔵省官吏となり、東京市麹町区飯田町に移る。 高等師範学校附属小・中学校(現・筑波大附属小、筑波大附属中・高)を経て、1893年(明治26年)第一...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハタノ セイイチ
人物別名 波多野精一

Hatano, Seiichi
生年 1877年
没年 1950年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
西洋哲学要史 [波多野精一] [著] ; 菅原喜重郎 編著 東洋
2016.9
時と永遠 : 他八篇 波多野精一 著 岩波書店
2012.8
宗教哲学序論・宗教哲学 波多野精一 著 岩波書店
2012.9
西洋哲学要史 : 西洋哲学史要・波多野宗教哲学〈時間論〉素描 波多野精一 著 ; 菅原喜重郎 編著 キリスト新聞社出版事業課
2012.8
西洋哲学史要 波多野精一 著 ; 牧野紀之 再話 未知谷
2007.5
波多野精一宗教哲学体系 波多野精一 著 書肆心水
2007.12
實踐理性批判 イマヌエル・カント 著 ; 波多野精一, 宮本和吉 訳 岩波書店
2006.12
原始キリスト教 波多野精一 著 岩波書店
2005.6
西洋哲学史要 波多野精一 著 ; 牧野紀之 再話 未知谷
2001.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想