梅沢 浜夫   (1914-1986)

梅澤 濱夫(うめざわ はまお、1914年10月1日 - 1986年12月25日)は、日本の医学者、細菌学者、文化勲章受章者。 [人物] 福井県小浜市生まれ。 旧制武蔵高等学校を経て、東京帝国大学医学部卒業。 卒業後、当時の東京帝国大学医学部細菌学教室、東京帝国大学付属伝染病研究所に勤務。 1947年国立予防衛生研究所設立とともに初代抗生物質部長に就任。 1954年以降は、東京大学応用微生物研究所教授(兼務)となる。 ペニシリンの国産化に尽力し、1956年、国産初の抗生物質カナマイシンを発見、精製。 カナマイシンは、ストレプトマイシンの効きにくい耐性菌にも効果のある抗生物質として世界的に用いら...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウメザワ ハマオ
人物別名 梅沢浜夫
生年 1914年
没年 1986年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
よい菌わるい菌 梅沢濱夫著 ; 梅澤一夫, 小出直樹共編 日本ビジネスプラン
2020.2
よい菌わるい菌 梅沢浜夫 著 ; 梅沢一夫 編 癌と化学療法社
1993.6
抗生物質を求めて 梅沢浜夫 著 文芸春秋
1987.12
現代化学の世界 日本化学会 編 講談社
1986.10
抗生物質研究の進歩 : あすの化学療法をめざして 梅沢浜夫, 田中信男 編 学会出版センター
1980.11
微生物のつくる生理活性ペプチド 蛋白質核酸酵素編集部編 共立
1976.5
ブレオ文献集 - 日本化薬
1970.9
抗生物質の話 梅沢浜夫 著 岩波書店
1962
世界伝記全集 旺文社編 旺文社
1957
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想