植村 敏夫   (1908-1995)

植村 敏夫(うえむら としお、1908年 - 1995年5月)は、日本のドイツ文学者。 宮崎市郊外に生まれる。 1932年東京帝国大学独文科卒。 NHK勤務。 満州国建国大学助教授。 戦後、NHK嘱託。 文化放送教養部長、66年「ゲーテと音楽」で日本大学文学博士、日本大学法学部教授。 79年定年退任。 [著書] 音楽とゲーテ 朝日出版社 1972 大作曲家の愛とその作品 日本放送出版協会 1979.11 NHK音楽シリーズ 詩と音楽 音楽は言葉にならなかった詩 三修社 1986.4 [翻訳] クヌルプ ヘルマン・ヘツセ 春陽堂 1933 世界名作文庫 傀儡師 シュニッツラー短編全集 第4巻...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエムラ トシオ
人物別名 植村敏夫
生年 1908年
没年 1995年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
クヌルプ ヘルマン・ヘッセ 著 ; 植村敏夫 訳 ゆまに書房
2008.2
詩と音楽 : 音楽は言葉にならなかった詩 植村敏夫 著 三修社
1986.4
大作曲家の愛とその作品 植村敏夫 著 日本放送出版協会
1979.11
音楽とゲーテ 植村敏夫 著 朝日出版社
1972
ヘッセ詩集 植村敏夫 訳 旺文社
1968
ドイツ・リード : 詩と音楽 オスカー・ビー 著 ; 植村敏夫 訳 音楽之友社
1960
クヌルプ ヘッセ 著 ; 植村敏夫 訳 創元社
1953
蝶の生活 フリードリヒ・シュナック 著 ; 植村敏夫 訳 教材社
昭和17
赤道のかなた ヘルマン・ヘッセ 著 ; 植村敏夫 訳 大沢築地書店
昭和17
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想