赤江 瀑   (1933-2012)

赤江 瀑(あかえ ばく、本名:長谷川 敬〈はせがわ たかし〉、1933年4月22日 - 2012年6月8日)は、日本の小説家。 主に芸能や工芸の世界を舞台にした、耽美的、伝奇的な作風で、熱烈な支持者を持つ。 『オイディプスの刃』で第1回角川小説賞を受賞、『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞している。 [経歴] 1933年 山口県下関市で、教員の両親の間に6人兄弟の次男として生まれる。 本名:長谷川敬。 戦争中は豊浦郡豊東村に疎開。 1952年 溝口健二に憧れ映画監督を志し、日本大学藝術学部演劇科に入学。 在学中は詩の同人誌「詩世紀」に参加。 その後映画への意欲が薄れて、1955年に中...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アカエ バク
人物別名 赤江瀑
生年 1933年
没年 2012年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
オイディプスの刃 赤江瀑著 河出書房新社
2019.9
春喪祭 赤江瀑 著 小学館
2017.2
罪喰い 赤江瀑 著 小学館
2016.8
京都綺談 山前譲 編 実業之日本社
有楽出版社
2015.6
幻視の系譜 芥川龍之介 ほか 著 ; 東雅夫 編 筑摩書房
2013.10
幸せな哀しみの話 山田詠美 編 文芸春秋
2009.4
花夜叉殺し 赤江瀑 著 光文社
2007.1
禽獣の門 赤江瀑 著 光文社
2007.2
灯籠爛死行 赤江瀑 著 光文社
2007.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想