長 幸男   (1924-)

長 幸男(ちょう ゆきお、1924年(大正13年)6月14日 - 2007年(平成19年)1月30日)は、日本の経済学者。 東京出身。 東京帝国大学経済学部卒。 妻は武田清子。 高崎市立短期大学助教授、専修大学助教授、教授、1970年東京外国語大学教授。 85-89年学長。 93年多摩大学教授。 99年秋、勲二等瑞宝章受勲。 大塚久雄の影響を受け、近代日本の経済思想史、金融論を研究、『石橋湛山全集』を編纂した。 [著書] 『日本経済思想史研究 ブルジョア・デモクラシーの発展と財政金融政策』未来社、1963 『現代金融論』時潮社、1969 『昭和恐慌 日本ファシズム前夜』岩波新書、1973 の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ チョウ ユキオ
人物別名 長幸男
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
石橋湛山の経済思想 長幸男 著 東洋経済新報社
2009.4
昭和恐慌 : 日本ファシズム前夜 長幸男 著 岩波書店
2001.7
石橋湛山著作集 長 幸男【編】;石橋 湛山【著】 東洋経済新報社
1995.11
東洋時論 全9巻 - 竜渓書舎
1995.5.20
昭和恐慌 : 日本ファシズム前夜 長幸男 著 岩波書店
1994.6
雨夜譚 : 渋沢栄一自伝 渋沢栄一 述 ; 長幸男 校注 岩波書店
1994.12
日本の経済学 : 日本人の経済的思惟の軌跡 経済学史学会 編 東洋経済新報社
1984.11
雨夜譚 渋沢栄一 述 ; 長幸男 校注 岩波書店
1984.11
戦間期の通貨と金融 : 田中生夫先生還暦記念 玉野井昌夫 ほか編 有斐閣
1982.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想