辻村 太郎   (1890-1983)

辻村 太郎(つじむら たろう、1890年6月12日 - 1983年7月15日)は日本の地理学者、地形学者。 地形学を中心とした日本における地理学の確立につとめ、長く日本の地理学をリードしてきた人物として知られ、日本の地理学の歴史には欠かせない人物である。 [経歴] 神奈川県小田原市の生まれ。 13歳で神奈川県立第二中学校に入学。 三年後に東京開成中学校に転校。 18歳の時同校を卒業し、1908年(明治41年)19歳で第一高等学校理科に入学する。 この頃、従兄の辻村伊助の影響もあって早くから山や登山に興味をもち、中学4年の頃山岳会に入会し会員となった。 1911年(明治44年)、飛騨山脈の高峯...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツジムラ タロウ
人物別名 辻村太郎
生年 1890年
没年 1983年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の地理学文献選集 岡田俊裕 編・解説 クレス
2008.4
日本の地理学文献選集 岡田俊裕 編・解説 クレス
2007.8
辻村太郎著作集 辻村太郎著 平凡社
1986.1
辻村太郎著作集 辻村 太郎【著】 平凡社
1986.3
辻村太郎著作集 辻村 太郎【著】 平凡社
1986.5
辻村太郎著作集 辻村 太郎【著】 平凡社
1986.7
辻村太郎著作集 辻村 太郎【著】 平凡社
1986.9
辻村太郎著作集 辻村 太郎【著】 平凡社
1986.11
辻村太郎著作集 辻村太郎著 平凡社
1985.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想