辻 二郎   (1896-1968)

辻 二郎(つじ じろう、1896年10月11日 - 1968年10月4日)は、日本の機械工学者(専門分野は「光弾性実験のフリンジ法」など)、国家公安委員会委員長(初代)。 筆名は富士前 研二。 [来歴] 東京出身。 東京帝国大学工学博士(1930年)。 論文の題は「新シキ材料ト方法トニヨレル光弾性学ニ関スル研究(英)」。 理化学研究所に入り、主任研究員時代には、オイルタンカーでの爆発事故を防ぐため、世界初となる光学式ガス検定器を開発した。 1945年(昭和20年)には副所長に就任。 のち東京理科大学教授となる。 理研計器社長を務めていた時期もあった(主な役職を参照)。 公安委員時代(まで委員...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツジ ジロウ
人物別名 辻二郎
生年 1896年
没年 1968年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
工学の散歩道 桶谷繁雄[ほか]著 学生社
1966.11
光弾性実験法 辻二郎, 西田正孝, 河田幸三 共著 日刊工業新聞社
1965
科学随筆全集 吉田洋一, 中谷宇吉郎, 緒方富雄 編 学生社
1962
科学と非科学 辻二郎 著 日刊工業新聞社
1954
東西今昔譚 辻二郎 著 日刊工業新聞社
1954
科学談義 辻二郎 著 叢文社
昭和23
科学談義 辻二郎 著 叢文社
昭和23
理園霑論回転鏡 辻二郎 著 誠文堂新光社
昭和18
光と力 辻二郎 著 春陽堂
昭和18
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想