鶴岡 静夫   (1918-)

鶴岡 静夫(つるおか しずお、1918年 - )は、日本古代史、日本中世史、仏教史、神道史の研究者。 青山学院大学文学部名誉教授。 日本史教育研究会会員。 鶴岡姓について、鶴岡二十五坊に由来すると伝えている。 また稲荷山古墳金錯銘鉄剣銘文の「大王」を雄略天皇ではなく、関東の人物に比定している。 [著書] 『日本史の探究―学習・受験・整理―』(有朋堂、1958年) 『関東古代寺院の研究』(弘文堂、1969年) 『禅と念仏』若い世代と語る日本の歴史13(評論社、1970年) 『知られざる裁判干渉―李鴻章狙撃事件裁判―』(雄山閣、1974年) 『古代寺院の成立と展開』日本宗教史研究叢書(吉川弘文館...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツルオカ シズオ
人物別名 鶴岡静夫
生年 1918年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
神社の歴史的研究 : 神信仰の変遷 鶴岡静夫 著 国書刊行会
1992.11
古代中世寺と仏教 鶴岡静夫 著 渓水社
1991.11
神道大系 神道大系編纂会 編 神道大系編纂会
1990.3
古代寺院と仏教 鶴岡静夫 編 名著
1989.4
関東古代寺院の研究 鶴岡静夫 著 弘文堂
1988.3
古代王権と氏族 鶴岡静夫 編 名著
1988.8
古代中世宗教史研究 鶴岡静夫 著 雄山閣
1982.9
日本的生活の基点 武者小路穣 [ほか] 編 河出書房新社
1980.10
庶民生活の上昇 松本新八郎 [ほか] 編 河出書房新社
1980.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想