鶴 彬   (1909-1938)

Wikipedia「鶴彬

「青空文庫」より

鶴 彬(つる あきら、1909年1月1日(戸籍上、実際には前年12月といわれている) - 1938年9月14日)は、日本のプロレタリア文学の影響を強く受けた代表的な反戦川柳作家。 石川県河北郡高松町(現かほく市)生まれ。 本名、喜多 一二(きた かつじ)。 [来歴] 1908年(明治41年)12月(戸籍上は1909年1月1日) 竹細工職人喜多松太郎と、その妻スズ(寿ず)のもとに次男として生まれる。 生後すぐ、機屋を営む叔父・喜多弁太郎(喜多郎、徳次郎とも)の養子となる。 1917年(大正6年) 父死去。 母の再婚・上京のため、兄、弟妹らも養子となる。 小学校在籍中から、『北国新聞』の子ども欄...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツル アキラ
人物別名 鶴彬

喜多, 一二
生年 1909年
没年 1938年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鶴彬の生涯 鶴彬 川柳 ; 寺内徹乗 文・絵 ; 鶴彬を顕彰する会 監修 鶴彬を顕彰する会
2017.3
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2015.5
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2014.4
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2013.9
鶴彬の川柳と叫び 鶴彬 著 ; 尾藤一泉 編 新葉館
2009.10
手と足をもいだ丸太にしてかえし : 現代仮名遣い版鶴彬全川柳 鶴彬 著 ; 木村哲也 編著 邑書林
2007.12
松倉米吉・富田木歩・鶴彬 松倉米吉, 富田木歩, 鶴彬 著 ; 小沢信男 編 イー・ディー・アイ
2002.8
鶴彬全集 : 1998年版 鶴彬 著 ; 一叩人 編 久枝
1998.9
鶴彬全集 鶴彬著 ; 一叩人編 久枝
1998.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想